bitFlyerでビットコインを買うのは販売所?取引所?

bitFlyerの口座を開設しました。

そして無事日本円の入金も完了します。

「OK、いざ、ビットコインを買うぞ!」

となって買い方を調べると、2種類の買い方があることに気づくと思います。

2種類の購入方法とは

「ビットコイン販売所」を利用する方法と、「ビットコイン取引所」を利用する方法です。

今回はその違いについて書こうと思います。

bitFlyerでビットコインを買うには取引所と販売所があります

bitFlyerでビットコインを買う|販売所

bitFlyerのアカウントを開設しログインすると向かって左側にメニューバーがあります

「ビットコイン販売所」をクリックしてみます。

販売所では、bitFlyerが提示した価格でビットコインを買ったり売ったりすることが出来ます。

売買の相手がbitFlyerであること、提示された価格で売買すること、というのが販売所の特徴です。

2017年6月18日の某時刻、ビットコインの販売価格は300,783円、売却価格が293,650円です。この価格はどんどん変化していきます。

ここに表示されている販売価格でビットコインを購入するのです。

bitFlyerでビットコインを買う|取引所

bitFlyerには、ビットコインを売りたい人買いたい人が取引を行うマーケットも存在します。

それが、「ビットコイン取引所」および「bitFlyer Lightning」です。

画面左側、「ビットコイン販売所」という表示の3つ下あたりに「ビットコイン取引所」という表示があります。その下に「bitFlyer Lightning」という表示もあると思います。

この2つの差はなんなの?という疑問がわくと思います。私ももちろんその一人でした。

「bitFlyer Lightning」の中のビットコインと日本円との取引を抽出して見やすく操作しやすくしたのが「ビットコイン取引所」だと思えばよいです。

これらは、ビットコインを売りたい人買いたい人が、売買を行う取引市場なのです。

「ビットコイン取引所」にはビットコインを売りたい人、買いたい人の希望価格が掲載された板が表示されています。

この板の数字はコインの需給状況によって刻々と変化していきます。

また、直近の売買の状況、いくらで売ったか買ったかという情報が表示されるので、自分の買いたい価格と数量を入力して注文を出すことになります。つまり、取引所では「指値」をすることができるのです。

bitFlyerの販売所と取引所の価格には差があります。

「販売所」と「取引所」で提示されたり取引されたりするビットコインの価格には差があります。

価格は日々刻々と変化しますので、一概に言えるものではありませんが、価格差の例を挙げます。

販売所での販売価格が300,783円だったときに、取引所に画面を切り替えて直近で買い付けた取引の価格は294,320円でした。つまり、売買手数料を考慮しないとすると、取引所でのBTC(ビットコイン)の単価のほうが、約6,400円ほど安かったのです。

もう一度言うと、この価格差(スプレッドというらしい)はその時々の需給状況などで異なるの一概には言えません。

販売所でBTCを購入する際は、bitFlyer側が提示する仲値で購入することになるので、一般的に取引所の価格よりは購入単価は高くなるようですが、マーケットが大きく動くときはその限りではないようです。

販売所を利用するメリットとしては

・取引相手がBitFlyerということが明確

・BitFlyerが提示する価格で、確実にビットコインを売ったり買ったりできる

ということです。

BitFlyerを利用するときは「販売所」と「取引所」の特徴を理解したうえで使いわけるのが賢いやり方だと思います。

BitFlyerには「ビットコイン販売所」と「ビットコイン取引所」が設置されていますが、すべての取引所にこの2つがあるわけではありません。

例えば、大手取引所の Poloniex には取引所はあっても、販売所はないんですよ。取引所を選ぶ際のポイントのひとつかもしれませんね。

ビットコイン販売所と取引所の手数料比較

取引所で売買するときは、私の場合、直近30日の取引金額が10万円未満でしたので、0.15%です。

つまり、取引所で1万円分のビットコインを買った場合、手数料は15円です。安いですよね。

この手数料率は取引金額が大きくなるほど下がる仕組みです。

ちなみに直近30日の取引金額が5億円以上だと手数料率は0.01%まで下がります。でも、これはわたしには全く関係がなさそうなので、取り敢えず、手数料は0.15%と認識することにしています。

一方で販売所での手数料は2017年6月現在 ”しばらく無料” となっています。

利用者を増やしたいフェーズなので、無料のキャンペーンをやっているのかもしれません。

bitFlyerでビットコインを買うには「販売所」と「取引所」|まとめ

以上、bitFlyerの販売所と取引所について説明しました。

わたしのような初心者は、はじめて取引をするときにまず取引所の使い方がわからなかったです。

・「ビットコイン販売所」と「ビットコイン取引所」ではビットコインに価格差がある

・「ビットコイン取引所」は「bitFlyer Lightning」の簡単バージョン

・ビットコインの価格は刻々と変動する

以上を押さえておけばよいかと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする