Coincheckへの入金もSBIネット銀行がお得で便利!

せっかくCoincheckで口座を開設したので、まずは銀行から日本円を入金してみました。

bitFlyerのときと同じく、Coincheckでも住信SBIネット銀行からだと振込み手数料が無料で、しかも着金がとても速かったです!

SBIホールディングスが、仮想通貨の取引所を運営するSBIバーチャル・カレンシーズ株式会社を設立したというニュースが2016年後半に流れましたが、SBIグループが日本の仮想通貨業界をけん引するんでしょうかね。

ということならなおさら仮想通貨取引をするには住信SBIネット銀行の口座があったほうが便利そうです。

Coincheckへ日本円を入金する方法

Coincheckでビットコインやアルトコインを買ったり、取引所で売買を行うときにはまずはビットコインを手に入れるために日本円を入金しなくてはなりません。

USDを入金する方法もありますが私をはじめほとんどのひとはUSDをメインに使うわけではないので割愛します。

日本円を入金する方法は3つあります。

以前はクイック入金という方法があったのですが、6月某日現在取り扱っていないとの表示が出ていました。

1.銀行振り込み(振込み手数料本人負担)

2.コンビニ入金

3.クイック入金(ペイジー決済といって、インターネットやATMから入金できるサービスです。)

コンビニ入金もクイック入金も手数料がかかります。
・入金額が3万円未満の場合→756円
・3万円以上50万円未満の場合→1000円
・50万円以上の場合→入金金額×0.108% + 486 円 という計算式になります。

ちなみに日本円をアカウントに入金しなくても、クレジットカードでビットコインを購入できますが、カードの決裁手数料が上乗せされたレートになるので、わたしは基本的にクレジットカードでは購入しません。

銀行振り込みで入金するやりかた

Coincheckの振込口座は

住信SBIネット銀行 法人第一支店の普通預金口座

もしくは

りそな銀行 日本橋支店の当座預金口座

です。

ログインしてホーム画面の上部、”取引所”をクリックすると、入金という表示が出てくるのでそこを押します。

Coincheckホーム画面取引所

そうすると、入金方法が選べる画面が出てくるので、”銀行振込” を選びます。

ユーザーIDと入金用口座番号が表示されるので、その口座にご自身の銀行口座から振り込むことになります。

注意しなくてはいけないのが、

振込人名義は「ユーザーID あなたのお名前」とする、ということです。

ユーザーIDは画面に表示されます。

お名前はCoincheckの口座と同じ本人名義の銀行口座でなくてはなりません。

もし相違があると振込みできないばかりか、振込みをキャンセルする”組戻し手数料”もユーザーが負担することになります。

ビットコインを購入してから送金する際の制限について下記のような表記もありますので、ビットコインを他の取引所に動かしたり他のウォレットに送金したりする予定がある場合は注意したほうがよいですね!

初めて日本円を入金した日から5日間はビットコインの送金が 1日当たり3万円分までに制限されます。また、この制限は本人確認書類を提出することで解除されます。

住信SBIネット銀行からの振り込みをおススメする理由

bitFlyerの口座へ日本円を送金するときと同様、SBIネット銀行は本支店間の振込み手数料がなんと無料なのです!

なのでCoincheckの入金口座もSBIネット銀行なので、SBIネット銀行口座を持っているなら、ぜひそこから振り込んで手数料を節約したほうがいいと思います。

同行に口座を持っていないひとも、SBIネット銀行の口座開設手数料は無料なので、作っておくとCoincheckでもbitFlyerでも手数料なしで振込みできるので便利です。

実際に振込みしてみたらすぐに着金、ウォレットに反映されました!

自分のSBIネット銀行の口座から1万円、Coincheckへ振り込んでみました。

振り込んだのは15時ちょうどぐらい。で、コインチェックに着金があったとメール連絡が来たのが、15時04分でした。

同じ銀行間だからはやいですね!

それから、住信SBIネット銀行間の振込みであれば、いわゆる銀行の営業時間9時~15時以内でなくとも振込みができるのもよい点です。

仮想通貨は値動きがとても速いので買いたいと思った時にアカウントの日本円が足りないときなど、すばやく入金できるというのはかなりのメリットだと思います。

ウォレットの画面はこんな感じです。ちゃんと1万円入ってます(笑)
↓↓↓

coincheck wallet 画面

日本円で銀行口座に出金する場合は?

出金をするには出金先の本人名義の銀行口座を登録する必要があります。

念のため書いておくと、ウォレットの仮想通貨を売却して日本円にしてから出金手続きをすることになります。仮想通貨の状態でその時のレートで日本円として出金できるわけではありません。

どのぐらい時間がかかるかというと、出金申請から1日~2日前後で指定口座に着金するというのが目安、とFAQに記載されていました。

手数料は400円です。

以前は”高速出金”というサービスがあったようですが、2017年6月某日にはそのサービスは既になかったので廃止されたのでしょうね。

Coincheckの日本円入出金について|まとめ

わたしが実際にやってみたことをもとにCoincheckへ日本円を入金する方法をまとめました。

結論として、住信SBI銀行が手数料、スピードの面ともメリットがあるな、と思います。

仮想通貨の取引所全般にいえることだと思いますが、日々サービス内容や規制内容が修正や改廃されています。

大きな金額を動かそうとする場合は、その都度手数料やルールを確認したほうがよさそうです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

◆コインチェックの口座開設はこちら

↓↓↓
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする