気になる仮想通貨の送金手数料。無料の取引所はどこ?

最近、ICO調査に少々疲れ気味で仮想通貨全体の相場にも、イマイチ心躍りません。

で、良い機会なので国内の取引所について調べてみたところ、気になる事実に気づきました。

それはビットコインやアルトコインを外部のウォレット(取引所のウォレット含む)に出金する際の

”出金手数料”

が、各社で差があるということです。

わたしが出金手数料を意識するのは海外取引所でアルトコインを買いたいときや、ICOに投資するときです。

少しずつしか投資しないので、手数料が投資額に与えるインパクトがかなり大きいからです。

そこで、BTCの出金手数料とはどういうものなのか、最近の送金手数料の高騰についてや国内取引所の出金(送金)手数料をまとめます。

どの取引所がお得なのかわたしなりの見解も書いてみましたのでよろしければご参考まで♪

出金手数料ってどういうもの?なぜ必要?

例えば、ビットコインを送金するには、送金トランザクションをマイナー(採掘者)に承認してもらう必要があります。

そのマイナーに支払う報酬が送金手数料に含まれているのです。

一般的に報酬を多く払えばトランザクションが優先的に承認されます。

ちなみにETHの場合は報酬はGas(燃料)と呼ばれ、Gas単価を上げることでトランザクションが優先的に処理されるというしくみです。

昨年後半から、ビットコインのトランザクションが急激に増えて、承認待ちのブロックが多くなり、BTCの送金に著しく時間がかかっていました。

ビットコインの送金手数料の高騰

ビットコインブロックチェーンの混雑に伴い、国内取引所の代表格であるBitFlyer(ビットフライヤー)やCoincheck(コインチェック)が相次いでBTC送金手数料の引き上げを発表しました。

その上げ幅があまりにもスゴかったので、当分BTCは送金できないと思いましたね。

そもそも私がブロックチェーンや暗号通貨のメリットとして、

”ブロックチェーンや暗号通貨を使えば、既存の銀行間送金システムよりも送金手数料が少なく、速く処理される!”

ということがまず挙げられていました。

でも、ビットコインブロックチェーンの混雑によって、遅い、高い とまったくがっかりな状況となってしまいました。

ライトニングネットワークが実装されてトランザクション詰まりが解消されるのを待つしかないのでしょうか。

仮想通貨の出金手数料に気を付けるべきはどんな場合?

たとえば、国内取引所で日本円でBTC(ビットコイン)やアルトコイン(ETHとかXRPとか)を購入してそのままガチホ!するひとは仮想通貨の出金手数料は気にする必要はありません。

仮想通貨の送金手数料を気にすべき人は・・

1.日本円で手に入れたBTCやETHを使って海外の取引所で他のアルトコインとの取引を行いたい
2.日本円で手に入れたETHを使ってICO案件に投資したい
3、取引所のウォレットにある仮想通貨をハードウォレットなどに移して保管したい

わたしがざっと思いつくのはこのような場合です。

それ以外は、そうそう仮想通貨を送金することがないと思うので出金手数料はそれほどインパクトはないのではないでしょうか。

国内取引所の仮想通貨送金手数料の比較

取引所間の送受金の頻度が多いであろうBTC、ETHの送金手数料について国内各取引所を比較してみました。

ちなみにBitFlyer(ビットフライヤー)bitbank(ビットバンク)Zaif(ザイフ)BITpoint(ビットポイント)DMM Bitcoin は金融庁登録の仮想通貨交換業者です。

Coincheck(コインチェック)は登録申請中の状況です。

→注意)コインチェックは先日発生したハッキングによるXEMの不正流出をうけて、現在日本円、仮想通貨とも出金停止となっています。
参照:コインチェック公式HP

DMMについては金融庁の登録業者一覧に載っていなかったので、???と思っていたのですが、すでに登録済みのグループ企業、株式会社東京ビットコイン取引所がDMM Bitcoinに商号変更したのですね。

余談でした。。。

では比較表です!

取引所名 BTC出金手数料 ETH出金手数料
BitFlyer 0.0008BTC  無料
Coincheck 0.001BTC  0.01ETH
Bitbank 0.001BTC  0.0005ETH
Zaif 0.0010BTC以上推奨  0.01ETH~
BITPoint 無料 無料
DMM Bitcoin 0.0008BTC以上  0.001ETH

BTC(ビットコイン)送付の場合、レートを1BTC=130万円と仮定すると、各社おおよそ1000円前後。

ETH(イーサ)の場合はレートを1ETH=10万円と仮定すると50円~1000円です。

わたしのようにもともと資産が少なくて、でもICOに参加したりアルトコインを購入するのにすこしだけ、0.005BTCとか送金したい人には、都度1000円の手数料を払うのはイタいです。

だって、もし0.005BTC送るとすると、前述のレートで6500円送るのに1000円、つまり手数料率15%!!!

そんな中でBITPOINTBTC出金手数料が無料というのが目立ちます。

しかもビットポイントならETHの取引もできるというのがポイント。

ICO参加の時にETHを送るのも出金手数料が0円なのは嬉しい限りです。

なぜならば、ICO投資は将来の見通しの保証があるわけではないので、わたしはミニマム投資額が設定されていない限りは、最悪ゼロになっても良いと思える金額、3000円分ぐらいしか投資しないからです。

手数料から考えるビットポイントの強み

仮想通貨の送金手数料を調べるうちに、ビットポイントの強みに気づきました。

BITPointの強み1.ETH(イーサ)と日本円の板取引が出来る、しかも取引手数料が無料!
→板取引のほうが、販売所で購入するよりも良いレートで手に入れることが出来る。
BITPointの強み2.BTC(ビットコイン)もETHも出金手数料が無料
→ICOに参加する際や海外取引所でアルトコインを手に入れたいとき、少額投資でも送金手数料を気にしなくてもよい。

この強みを生かすと、ICO参加時の流れは次のようになります。

*ICO参加にはETHを使用することが多いので、ETHを例にとります。

STEP1.ビットポイントでETH/JPY を手数料無料で板取引をして確保する。

STEP2.入手したETHを、MyEtherWalletなどのウォレットへ手数料無料で送付

*ビットポイントなど取引所のウォレットからICOのコントラクトアドレスに送付することはできません。送っても失われる可能性がありますので、くれぐれも注意してください!

STEP3.MyEtherWalletなどのウォレットから、ETHをICOのコントラクトアドレスへ送る。

わたしはこれまで、コインチェックの販売所で高いスプレッドでETHを購入し、手数料を払って、ウォレットへ送ったり、海外取引所へ送ったりしてました。

ビットポイントの手数料体系をもう少し早く調べておくべきだったと反省です。

BITPointの手数料についてさらに興味のあるかたはこちらをどうぞ!→ビットポイント公式サイト

わたしはたまたまリミックスポイントの株主特典を受け取るために口座を開設しました。そのときのレポートはコチラの記事です。

口座開設方法も書いてありますので参考にしてみてくださいね♪

リミックスポイント社の株主優待で、ビットコインが配布されるという案内がきたので急いでビットポイントの口座開設に申し込みました。配布される数量や条件、口座開設手続きについて説明しています。

仮想通貨送金手数料について|まとめ

取引所の手数料というと、どうしても板取引手数料の%や、販売所のスプレッドに目が行きがちですが、出金手数料もなかなかどうして見落としてはいけない、ということがわかりました。

各取引所によってこんなに差があるとは!というのが調べてみた印象です。

いったん手に入れたらガチホという場合は別として、資産を移動することが頻繁にある場合はぜひ出金手数料にも着目するようにしましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました。

★見逃し注意!ビットポイントではお得なキャンペーンを開催中です。★

「初めての仮想通貨取引 応援キャンペーン」

キャンペーン期間中に新規に総合口座の開設をお申込み、かつ口座開設後に初回50,000円以上の入金で、ビットコイン3,000円相当分をプレゼント!

◆キャンペーン期間と条件

1. 2018年8月20日(月)〜2018年9月30日(日)までに口座開設
2. 2018年8月20日(月)〜2018年9月30日(日)16時までに5万円以上の入金が完了

キャンペーンへの参加はコチラから→BITPoint(ビットポイント)公式サイト

コメントの入力は終了しました。