bitFlyerでイーサリアム(ETH)を買ってみた|販売所とLightning

仮想通貨といえばビットコイン(BTC)と思ってましたが、ビットコインのほかにもコインは何百とあるそうで、総称としてアルトコイン(オルトコイン)と呼ばれています。

alternate coin、つまりビットコインの替わりになるなるコインという意味のようです。

アルトコインの中でも取引量が多いのはリップル(XRP)、イーサリアム(ETH)、イーサリアムクラシック(ETC)などです。

bitFlyerで購入できるアルトコインは2017年6月某日現在イーサリアムのみです。

わたしがイーサリアムに興味を持った理由、特徴も書いてみました。

イーサリアム(ETH)という通貨の特徴と魅力

イーサリアムについて調べると、スマートコントラクト(スマートな契約)という言葉を必ず目にします。

ビットコインはブロックチェーン上でBTCという通貨を使用して取引を行い、その取引を記録するしくみです。

それに対してイーサリアムのブロックチェーンではEther(イーサ)という通貨を使った取引と記録が出来るだけでなく、ユーザーがあらかじめ決めた契約(コントラクト)を記録しておき、契約に定められた内容を自動で執行し、記録することができるシステムなのです。

この仕組みを利用して何ができるか、メリットは何なのか考えてみました。

例えば、土地の売買契約の履歴がすべて記録され、売買が成立した時点でかならず支払いが発生する、といったように、取引契約やその実行にあいまいなところがなくなるというのがメリットです。

例えば、遠く離れた国の子どもたちの教育のために寄付する場合を考えてみます。

現状だと、どこかの団体にお金を寄付しても、送り先の国に国際送金されるときに、少なくはない銀行手数料が取られます。先方の銀行に届いたお金を、受取人の団体の誰かが着服してもバレないといったことも起きえます。受取人が団体ではなく、中間業者の時もあるでしょう。子供たちの教育のために、いったいどれぐらい使ってもらえるのだろう、と疑念を抱かずにはいられません。

でもイーサリアムのスマートコントラクトを使用すれば、中間業者を省き、通貨の受渡し手数料が減るでしょう。そして、誰かが中間で不正に寄付の一部を抜き取ろうとしても、契約で定められた条件を満たさないと不正に寄付を受け取ることができません。正しい受取人が正しい金額を受け取れるようになるのです。

いろいろ調べると、イーサリアムはビットコインの仕組み以上に社会インフラとしての魅力があると感じました。

で、いきなり欲深くなるのですが、きっと近い将来価値が上がるに違いない、と読んだわけです。

bitFlyerでイーサリアムを手に入れる方法

ビットコイン同様、ETHも入手場所は2種類あります。販売所とbitFlyerLightningという取引所です。

販売所はレートが多少割高ですが、日本円で購入できるのが最大のメリットです。販売者はbitFlyerの運営会社で、画面に提示された金額で購入します。

2017年6月某日現在、販売所の取引手数料が無料!というキャンペーン中です。

LightningではETC/JPYの取引ではなく、ETC/BTCの取引となります。つまり、日本円を口座に入金したら、まずビットコインを取引所で買って、その後イーサリアムをビットコインで買うことになるのです。ちなみに、Lightningは取引所ですから取引するのはユーザー同士です。

Lightningのメリットは指値が出来ることと、販売所よりはレートが割安ということです。

LightningではETH/BTCのお取引の最低取引金額は 0.01 ETHで、ETH/BTCの売買手数料は0.2%です。

購入したETH資産の状況はというと、、、。

イーサリアムを手に入れたらホーム画面の資産状況を確認してみます。

ETH資産の行にイーサリアムの数量と、日本円の概算金額が表示され、前日からのプラスマイナスも表示されます。

ちなみにわたしはイーサが約40000円の時に購入したのですが、現在は日本円の概算は28000円ほど。悲しいことに、約30%も下落してしまいました。

先週、イーサリアムの価格が不具合を起こした取引所があったらしく、そのせいか、PoloniexはETHの入出金を停止しています。流動性が損なわれてしまったことで価格が下落してしまっているのかもしれません。

イーサリアムのシステムの特徴に魅かれて購入してみたので、その魅力と将来性を信じてしばらくホールドします!

イーサリアムの将来性にかけてbitFlyerで購入した|まとめ

このところ価格が下落傾向のイーサリアムですが、スマートコントラクトというコンセプトは将来的な魅力を感じます。

スタートアップ企業が、ICO(Initial Coin Offering)の際に資金をイーサリアムで集め、その資金が短期間に集中して集まるらしく、イーサリアムの取引量が増えてネットワークがパンク、といったトラブルが起きやすいようです。

ふつう、需要が増えると価値は上がるはずなんだけどな。。。とちょっと解せない感がぬぐえません。イーサリアムの信用度が上がるのを願います。

まめにTwitterなどの情報収集しておかないといけませんね!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする